作り手として思うこと

このコロナによる社会の劇的変化により、今後の生活が大きく変わってきます。

私は11年前に街での暮らしから、田舎に移りました。

便利な、なんでも揃う街の生活に疑問を持ち、あえて不便な田舎に住まいを移しました。

自給できる生活。これを基本としていこうと。

街で何かあれば、一気に不便になるという思いがあったからです。

現在、ここではなんの不自由も感じません。それどころか、新鮮な空気と、広い敷地、季節を感じれる風景を毎日味わっています。

別に特別なことをしていませんが、不思議に安心感があります。

食料の不安がないのが大きいです。

今実感しているのは、早く移ってきてよかったということです。

まさか、こんなに急に世界が変わるとは。

作り手としては、やはりいいものを作っていくことが、大切だということです。こんな時代だからこそ、座ってみたい椅子、部屋に飾りたい時計。

必要性を、より感じました。まだまだ作りたいものは沢山あります。

人の心に届く作品作りを続けていきたいと思っています。

Recent Posts
Search By Tags
Follow Us